もくもく探索日誌 2018年10月7,8日 信州

<7日>

10月7日午前7時半、中央道駒ヶ根ICを出る。
台風一過の好天に恵まれ、2日間の信州お寺探索も順調に進みそうだ。
<ところが、帰宅後写真をパソコンに取り込む段になって、2日目午前の
松本市東部、中央部の分が取り込めず。無念。>
おおよそ30ヶ寺の写真はOK。
アルプスには雲がかかり、ほとんど望めず。
しかし、秋の好天のもと信州を堪能する。

画像
                      駒ヶ岳方向

画像
                   天竜川と中央アルプス

画像


画像
                     高遠城跡から

画像
                     八ヶ岳と諏訪湖

駒ヶ根ICを出て、市街地の2ヶ寺を経て天竜川東部の山麓地帯へ。
雲のかかった中央アルプスを望む。木曽駒ヶ岳が見えないのが。
<常秀院>、<蔵澤寺>からの眺望はすばらしい。

画像
                       蔵澤寺

画像
                       栖林寺

画像
                     ふるさとの丘から

画像
                     火山峠芭蕉の松

画像
                       金鳳寺

北へ。伊那市高遠町に入る。
高遠城跡は桜の名所であるが、この季節でも観光客が。
城跡を取り囲む8ヶ寺を巡る。
高遠最古の<香福寺>は745年開創と伝わる古刹。
<蓮華寺>には、江戸時代のお奥の絵島の墓がある。最期は
高遠で隠遁生活に入っている。

画像
                     高遠城跡の桜木

画像
                       蓮華寺

画像


画像
                     満光寺の極楽松

西へ。箕輪町に入る。
石造仏を中心に見て廻る。
伽藍では<嶺頭院>の立派なこと。信州のお寺は相対的に伽藍が
立派だと思う。

画像
                    松林寺新四国霊場

画像
                       養泰寺

画像
                       嶺頭院

画像
                       法界寺

画像
                     天竜川箕輪橋

岡谷市に入る。夕方の諏訪湖を望む湖西の2ヶ寺を巡る。
7日最後の<小坂観音院>のサワラ並木参道と少し雲がかかった八ヶ岳の
眺望、諏訪湖を見下ろす絶景のお寺。
7日の締めくくりとして大満足。
塩尻市のホテルに宿泊。
7日の万歩計1万8千歩。
もくもく探索満足度95点。5点の減点はアルプスに雲が。

画像
                      岡谷市街地

画像
                       照光寺

画像
                      小坂観音寺

<8日>
朝7時、ホテルを出る。
松本市東部の山麓に建つお寺を巡る。
写真が無いので割愛するが、<廣澤寺>の山腹に続く杉並木参道が
すばらしい。
市街地に入り、松本城と周辺のお寺を巡る。
西部へ。
<上波田阿弥陀堂>では、覆屋に安置された重要文化財<田村堂>
を拝観。ガラス越しの拝観。
朝日村へ入り、<古川寺>を経て、茅葺の大薬師堂<光輪寺>を。
これほどの薬師堂はめずらしい。
塩尻市贄川に入り、<観音寺>を経て、木曾路を帰路に着く。
あちこちで、3連休の渋滞。帰宅は9時になる。
万歩計1万2千歩。
もくもく探索満足度は写真遺失により50点。
ただし、お寺めぐりは90点。

画像
                     松本市西部から

画像
                       盛泉寺

画像
                   上波田阿弥陀堂仁王門

画像
                   上波田阿弥陀堂田村堂

画像
                       古川寺

画像
                     光輪寺薬師堂

画像
                       観音寺

画像
                       木曾路

画像
                      道の駅大桑