妙建寺 (岐阜県北方町)

岐阜市の西隣に位置する北方町は、岐阜県内で最小面積の市町村で、
最も人口密度の高い町で、人口は1万8千強である。
町内には山はなく、長良川の支流が流れる。
町は円鏡寺と共に発展した歴史を持つ。
妙建寺の開創は不詳であるが、鰐口の年代から江戸時代前期以前と
考えられる。
こじんまりとした普通のお寺である。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙建寺(みょうけんじ) (2)住所:岐阜県北方町北方1639
(3)山号:法光山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:十界曼荼羅
(7)その他
1)銅鑼:町指定文化財 1688年
2)鰐口:町指定文化財 1682年

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像