法巌寺 (兵庫県伊丹市) 大クス

法巌寺のシンボル・クスの大木は、古より近畿の三大クスと呼ばれ、推定樹齢
は500年といわれ、また、伊丹市の市木はクスである。
近畿の三大クスとは、
  住吉大社の千年楠(大阪市住吉区):推定樹齢1000年
  石清水八幡宮神楽殿のクス(京都府八幡市):推定樹齢700年
  法巌寺のクス

法巌寺は、奈良時代前半に行基によって昆陽寺の塔頭として開創されたと伝え、
1522年現在地に移転している。
江戸時代中期には、酒造業も盛んになり、法巌寺も大いに栄えたといわれている。
残念ながら通常非公開で、入山出来なかった。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:法巌寺(ほうがんじ)<別称:楠木寺> 
(2)住所:兵庫県伊丹市中央2-6-16
(3)山号:迎接山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:行基 (6)開創:奈良時代前半 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)クス:県指定天然記念物 推定樹齢500年

画像
                       大クス

画像
                        山門

画像
                       山門から

画像
                       地蔵尊

画像
                        本堂