お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝積院 (兵庫県姫路市夢前町) 三枝城跡

<<   作成日時 : 2018/09/21 06:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

夢前町前之庄の山麓に石垣を構えて建つ宝積院は、寛文年間(1661〜73年)
現在地の三枝城跡に移転している。
三枝城は、1164年地元豪族の三枝氏によって築城されたと伝承され、
後には播磨守護の赤松氏に仕えている。
1358年落雷により廃城となったといわれ、三枝氏は現在の小野市に築城し
移っている。
三枝城は夢前における最初の城ともいわれている。

宝積院は、858年明王寺谷に開創されたと伝え、寛文年間に現在地に
移っている。
寺構えは城跡を想像させ、なかなかの風景である。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:宝積院(ほうしゃくいん) 
(2)住所:兵庫県姫路市夢前町前之庄1753−1
(3)山号:的場山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:玄常 (6)開創:858年 (7)本尊:如意輪観音

画像
                        遠景

画像
                        外観

画像
                        山門

画像
                       通用門

画像
                       地蔵尊

画像
                        庭園

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

宝積院 (兵庫県姫路市夢前町) 三枝城跡 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる