お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺 (兵庫県加古川市志方町)

<<   作成日時 : 2018/09/10 08:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中道子山(272m)の西麓に建つ安楽寺は、加古川市の案内板によると、
豊臣秀吉の参謀・黒田官兵衛の妻・光(てる)のゆかりの地となっている。
ここ志方町は光の生誕地であり、あちこちにゆかりの地がある。
安楽寺は、1559年光の父であり志方城主の櫛橋伊定が中興し、
浄土宗のお寺となっている。

安楽寺は、811年弘法大師空海の弟子・真紹が中道子山山頂に開創した
無量寿院が始まりと伝えられている。
1380年播磨守護・赤松氏が城を築くために現在地に移したが、赤松氏
の衰退と共に安楽寺も衰退した。
1559年櫛橋氏が再興し現在に至っている。

周囲は田畑が広がり、のどかな風景の中で、桜の時期には賑わうとか。
また、十王堂の十王像などが見どころと。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:兵庫県加古川市志方町細工所631
(3)山号:中道山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開基:真紹 (6)開創:811年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        周辺

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                       十王堂

画像


画像
                        本堂

画像
                     門前の五輪石塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安楽寺 (兵庫県加古川市志方町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる