妙福寺 (愛知県碧南市) 志貴毘沙門天

妙福寺毘沙門堂の本尊毘沙門天は志貴毘沙門天と呼ばれ篤い信仰を
受けており、日本三体毘沙門天の一つに数えられている。
日本三体毘沙門天とは、
  京都・鞍馬寺、奈良・信貴山朝護孫子寺、妙福寺
妙福寺毘沙門天は三河七福神の一つでもある。
正月初詣、毎月3日の縁日には多くの参拝者で賑わうそうだ。

妙福寺は、851年大和の志貴氏がこの地に赴任し、志貴荘を開き
毘沙門天を祀ったことに始まると伝えられている。
1590年に浄土宗のお寺として再興されている。
徳川家康も参拝し、武運を祈願したといわれ、三河の毘沙門天信仰の
中心として大いに栄えたといわれている。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙福寺(みょうふくじ) (2)住所:愛知県碧南市志貴町2-61
(3)山号:多聞山 (4)宗派:浄土宗西山深草派
(5)開基:志貴周亮 (6)開創:851年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)三河七福神 毘沙門天
2)地蔵菩薩半跏像:市指定文化財 江戸時代中期 像高64cm

画像
                        門前

画像
                        総門

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       毘沙門堂