お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 宗蓮寺 (京都市北区中川) 北山大台杉

<<   作成日時 : 2018/08/20 09:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

周山街道(国道162号)を北へ京北に向けて走ると、2000年に開通した
中川トンネル(1700m)が見えてくる。
その手前を右折し、清滝川沿いの旧周山街道を走る。
中川北山町に入って直ぐに右折し、山沿いの参道を進む。
まもなく<北山大台杉>が目に飛び込んでくる。
台杉とは、地上から数mの幹から何本もの細い杉が伸びており、
北山杉を効率よく育成すべく室町時代に考案された植生杉である。
ここの<北山大台杉>は樹齢400年ともいわれる名木である。

その先に宗蓮寺が建つ。
お寺は応仁の乱(1467〜77年)後開創されたといわれ、
村人の菩提所として信仰を受けてきた。
現在は、山里の山寺であるが、四季折々の花木が植生され、<花の寺>
と呼ばれて親しまれている。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:宗蓮寺(そうれんじ) (2)住所:京都市北区中川北山町214
(3)山号:中尾山 (4)宗派:浄土宗捨世派
(5)開基:円誉 (6)開創:16世紀前半 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                       清滝川

画像
                     中川北山集落

画像
                        参道

画像
                      北山大台杉

画像
                        周辺

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                        庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

宗蓮寺 (京都市北区中川) 北山大台杉 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる