お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 福勝寺 (滋賀県長浜市) 湖北10ヶ寺

<<   作成日時 : 2018/08/16 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

元亀年間(1570〜73年)における元亀争乱は、織田信長にとって近江制覇
の山場であった。
特に、浅井・朝倉氏、浅井氏と連携した一向一揆との戦いは近江湖北を
壊滅状態にし、湖北の寺々は兵火により焼失している。
その一向一揆で活動した湖北10ヶ寺の一つが福勝寺であり、その境内は
城塞化され(福勝寺城ともいわれた)、その遺構が一部現在も残っている。
しかし、織田信長軍によって鎮圧され、福勝寺も焼失している。
戦国時代における一向一揆は,各地で信長、家康などを悩ませた抵抗で
浄土真宗本願寺の歴史を知る上でも重要な戦いであった。

福勝寺は724年開創と伝える古刹である。

<滋賀県湖北のお寺一覧>参照

(1)寺名:福勝寺(ふくしょうじ) (2)住所:滋賀県長浜市大戌亥町543
(3)山号:笠置山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:724年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        参道

画像
                        総門

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福勝寺 (滋賀県長浜市) 湖北10ヶ寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる