栄摂院 (京都市左京区) 金戒光明寺塔頭 紅葉

金戒光明寺から真如堂へ向かう道の右側に赤い山門の栄摂院が建つ。
紅葉の時期には庭園が公開され、私の紅葉狩りルートになっている。
毎年、栄摂院の紅葉色づきを愛でて、その年の京都の紅葉状況について
私なりの基準としている。
それほどに鮮やかな紅葉を見せてくれる。
最近、訪れる人も増えている。

栄摂院は、1589年(後に彦根藩家老となった)木俣守勝によって開創され、
菩提寺となっている。
木俣守勝は、1582年の徳川家康伊賀越えに付き添った家康家臣で、
その後井伊直政の重臣となり、彦根藩の筆頭家老になっている。

<京都市左京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:栄摂院(えいしょういん) (2)住所:京都市左京区黒谷町121
(3)宗派:浄土宗本山金戒光明寺の塔頭
(4)開基:木俣守勝 (5)開創:1589年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                       庭園紅葉

画像
                        山門

画像


画像
                        中門

画像
                        本堂

画像


画像
                      新緑の境内