大親寺 (奈良県天理市) 桃尾の滝

日本最古類の石上神宮(いそのかみじんぐう)の元宮(奥の院)とも
いわれる大国見山の山麓に落ちる桃尾の滝(もものおのたき)は、古からの
修行場で、現在も続いている。
この滝は布留の滝ともいわれ、後嵯峨天皇も詠んでいる。
<今はまた行きても見ばや石の上ふるの滝津瀬跡をたづねて>
この桃尾の滝一帯に、和銅年間(708~715年)義淵僧正が龍福寺を
開創したと伝えられ、その後弘法大師空海が再興したといわれている。

明治時代初期の廃仏毀釈によって廃寺となったが、1918年その跡地に
大親寺が開創されている。
本堂は桃尾の滝から500mほどの山中にあり、一帯がハイキングコース
となっている。

<奈良県のお寺一覧>参照

(1)寺名:大親寺(だいしんじ) (2)住所:奈良県天理市滝本町693
(3)山号:大和桃尾山 (4)宗派:報親教
(5)開基:義淵僧正 (6)開創:708~715年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
参考  桃尾の滝:落差25m

<桃尾の滝>

画像
                        滝

画像
              

画像
                     不動明王磨崖仏

画像


<大親寺>

画像
                        参道

画像


画像
                     本堂と不動堂