お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 覚応寺 (京都府綾部市) 山家藩主の菩提寺

<<   作成日時 : 2018/06/06 08:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

綾部市東南端に位置する山家地区に建つ覚応寺は、972年空也上人が
開創したと伝える願成寺がはじまりであるが、その後衰退している。
寛永年間(1624〜44年)山家藩2代藩主・谷衛政が願成寺を菩提寺
とし、1662年衛政が再興して覚応寺としている。
山家藩は1万6千石の小藩で、財政的には黒谷和紙が支えたといわれている。
覚応寺は菩提寺として栄えたといわれている。

谷氏の墓所は裏山にある。

<京都丹波のお寺一覧>参照

(1)寺名:覚応寺(かくおうじ) (2)住所:京都府綾部市旭町寺ノ前1
(3)山号:塩谷山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:空也上人 (6)開創:972年 (7)中興:1662年 谷衛政
(8)本尊:釈迦牟尼

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       谷氏墓所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

覚応寺 (京都府綾部市) 山家藩主の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる