瑞光寺 (長野県辰野町横川) 横川の蛇石

国道153号の横川峡入口から、横川川に沿って山間部に入る。
川にそって点在する横川集落の山麓に瑞光寺は建つ。
そこから上流へ4kmほど遡ると、横川峡の<横川の蛇石>に到る。
川底に蛇が這うように蛇模様の石が連なり、非常に珍しい。

瑞光寺は、1259年蘭渓道隆の開創と伝えるが、詳細は不詳である。
その後衰退したが、1558年武田信玄が再興し、大いに栄えたと
いわれている。
お寺は整備され、周囲の風景に溶け込んでいる。

<長野県のお寺一覧>参照

(1)寺名:瑞光寺(ずいこうじ) (2)住所:長野県辰野町横川2063
(3)山号:白鳳山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:蘭渓道隆 (6)開創:1259年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)宝篋印塔3基:町指定文化財 室町時代
2)守屋貞治の石仏4基:町指定文化財 19世紀前半

画像
                      横川集落へ

画像
                      横川の蛇石

画像
                        遠景

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂