威徳院 (徳島県徳島市国府町) 板碑

徳島市国府町に建つ威徳院は14世紀中頃、阿波守護で室町幕府の
管領として権力を振るった細川氏(細川京兆家)の祖といわれる細川頼春
の命を受けて開創されたと伝えられている。
丁度その時代の板碑2基が残っており、1基は開山・応照の逆修塔とも
いわれている。
この板碑は特異な構成で、珍しい意匠を持ち貴重な資料となっている。

<徳島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:威徳院(いとくいん) (2)住所:徳島県徳島市国府町芝原寺地145
(3)山号:西岸山 (4)宗派:真言宗善通寺派
(5)開山:応照 (6)開創:14世紀中頃 (7)本尊:
(8)その他
1)板碑2基:市指定文化財 1347年と1378年

画像
                        全景

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                        板碑

画像
                     1347年板碑

画像
                     1378年板碑