大杉谷円光寺跡 (石川県小松市大杉町)

現在の円光寺(小松市千木野町)が開創された地が<大杉谷円光寺跡>で、
次に移転した地が<下大杉円光寺跡>で、近年になって現在地に移転している。
円光寺開創の経緯は、本願寺8世蓮如上人とその異母弟・応玄の後継争いに
ある。
1457年本願寺7世存如が亡くなると、その継妻・如円(蓮如の継母)が実子の
応玄を8世継承に向けて画策し周りを固めたが、蓮如の叔父で越中井波瑞泉寺
の如乗が動き、蓮如が8世に就いた。
この結果、如円と応玄は大杉谷の支援者を頼り、1459年大杉谷に円光寺を
開いたといわれている。

<石川県のお寺一覧>参照

<大杉谷円光寺跡>

小松市の施設<大杉みどりの里>向かって右横に<蓮如上人お杖の名泉参道>
の標石あり。そこから100m山中へ。

画像
                     大杉みどりの里

画像
                    大杉谷円光寺跡標石

画像
                       参道入口

画像
                       右へ

画像
                        参道

画像
                     大杉谷円光寺跡

画像
                     大杉谷円光寺跡

<下大杉円光寺跡>

下大杉円光寺跡は県道161号沿いにある。
大杉谷から下大杉へ移転した時期は不詳であるが、下大杉から円光寺現在地に
移転したのは1960年頃である。

画像
                     県道161号沿い

画像
                        参道

画像
                        標石

画像
                     下大杉円光寺跡

画像
                      応玄法師像