聖徳寺 (名古屋市熱田区) 聖徳太子孝養像

熱田区の聖徳寺は1564年開創されたと伝えられ、文禄年間(1592~96年)
地元の漁夫が海から引き上げたといわれる聖徳太子孝養像を、2代目住職が
太子堂を建立し祀ったといわれている。
その時から聖徳寺と号したと。
孝養像は、太子16歳の時に、父・用明天皇の病気平癒を願った像で、
太子像には年齢に応じた像があり、
  南無仏太子像:2歳像  孝養像:16歳像  摂政像:成人後
  講讃像:35歳像  馬上太子像:37歳 などがある。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:聖徳寺(しょうとくじ) (2)住所:愛知県名古屋市熱田区大瀬子町702
(3)山号:亀腹山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開基:得然了益 (6)開創:1564年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)聖徳太子立像(孝養像):県指定文化財 1333年 像高87cm

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       太子堂