浄泉坊 (三重県朝日町)

朝日町小向(おぶけ)に建つ浄泉坊は、1199年頃小向神明宮の別当寺として
開創された正治寺を始まりとすると伝えられている。
1467年には、蓮如上人に帰依している。
戦国時代に兵火に罹り焼失したが、1603年浄泉坊として再興され、
一時は桑名藩主奥方の菩提寺にもなった大寺である。
朝日町では名刹として存在する。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:浄泉坊(じょうせんぼう) (2)住所:三重県朝日町小向955
(3)山号:小向山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:1199年頃 (6)中興:1603年 伊勢慶昭 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        外観

画像
                        山門

画像
                        本堂