西林寺 (三重県桑名市下深谷部) 北廻城跡

下深谷部に建つ西林寺は、北廻(きたはざま)城主・近藤氏の子孫が
その城跡麓に開創したといわれている。
北廻城は延元年間(1336~40年)に近藤氏によって築城された堅固な
城といわれ、織田信長の伊勢侵攻においても攻めあぐね、
滝川一益軍はトンネルを掘って、地下から攻めたといわれている。
1573年には落城している。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:西林寺(さいりんじ) (2)住所:三重県桑名市下深谷部深谷町3384
(3)山号:北廻山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂