崇覚寺 (名古屋市中区)

名古屋東別院(真宗大谷派名古屋別院)の西側に建つ崇覚寺は、
江戸時代初期に水谷重直によって現在の三重県桑名市長島町に
開創されている。
水谷重直は、織田信長と石山本願寺との戦いに本願寺の一信徒として
参戦し、討ち死にした安養坊(水谷可高)の子である。

崇覚寺は、1625年長島から現在の名古屋市西区に移転し、名古屋東別院が
開創された後の1713年に現在地に移転している。
山門(東門)から西門に続く参道は趣のある風景を呈し、本堂も
国登録文化財となっている。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:崇覚寺(そうかくじ) (2)住所:名古屋市中区橘2-6-37
(3)山号:長嶋山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:安養坊 (6)開創:江戸時代初期 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本堂:国登録文化財 1866年

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                       本堂屋根

画像
                        西門