昌福寺 (京都市上京区) 幸福地蔵

知恵光院通に面して建つ昌福寺は、西隣の松林寺と共に豊臣秀吉建立の
聚楽第外濠に位置する跡地といわれる。
昌福寺は、1595年聚楽第が破却されると、慶長年間(1596~1615年)
開創されたと伝えられている。
江戸時代になると、京都六地蔵巡りを除いた<洛陽四十八願地蔵霊場>
の第7番幸福地蔵として信仰を集めた。
現在は、ひっそりとしたお寺で地蔵巡りの人もいるのだろうか。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:昌福寺(しょうふくじ) 
(2)住所:京都市上京区知恵光院通出水下る分銅町576
(3)山号:聚楽山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:慶雲 (6)開創:1596~1615年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)洛陽四十八願地蔵霊場第7番 幸福地蔵

画像
                    知恵光院通と昌福寺

画像
                        全景
                      <左本堂>

画像