荒村寺 (兵庫県伊丹市) 有岡城跡

荒村寺が建つ有岡城跡は、1574年伊丹城を攻め落とした荒木村重に
よって大改修し有岡城としたが、1579年織田信長に対し謀反を起こし
落城している。
近代に入り、鉄道の整備など城跡は改造され、1977年荒村寺は
現在地の城跡に移り、有岡城攻めの犠牲者や荒木村重の菩提を
弔っている。
荒村寺は天保年間(1830~43年)に城山庵と呼ばれた尼寺が
始まりで、1964年荒村寺と改めている。

<兵庫県のお寺一覧>参照

(1)寺名:荒村寺(こうそんじ) (2)住所:兵庫県伊丹市伊丹1-15-2
(3)山号:古城山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1830~43年 (6)本尊:十一面観音

画像
                        外観

画像
                        山門