不動寺 (三重県名張市長瀬)

名張市の東南端に位置する長瀬地区は、名張川に沿った山あいの
集落で、17世紀末の人口は600人ほどであったが、現在は200人ほどの
過疎地になっている。
名張川と山々が織りなす風景は、日本の原風景を持っている。
その集落に、一際目立つカヤの大木が存在感を示しているのが不動寺
である。
樹齢は数百年とみられ、樹高は20m弱になる。
不動寺は明治時代に火災に遭い、その縁起は不詳であるが、石塔など
から600年以上前の開創と思われる。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:不動寺(ふどうじ) (2)住所:三重県名張市長瀬1372
(3)山号:朝日山 (4)宗派:真言宗豊山派
(5)開創:不詳 (6)本尊:不動明王

画像
                    名張川と長瀬地区

画像


画像
                      不動寺全景

画像
                       カヤの木

画像


画像


画像
                    聖天堂(左)本堂(右)