お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 安楽寺 (京都市北区大森) 惟喬親王ゆかりの地

<<   作成日時 : 2018/01/02 14:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北区山間部の北山杉産地の小野郷大森地区に建つ安楽寺は、惟喬親王
の開創と伝えるが、現在は本堂のみが建つ無住のお寺である。
惟喬親王は、晩年出家し北山の雲ケ畑や小野郷に住み、いくつかの
お寺を開創したと伝えられている。
惟喬親王の晩年には諸説あり、その内の一説が小野郷大森で亡くなった
といわれている。

安楽寺には平安時代前期の古仏4駆が伝わり、惟喬親王ゆかりを
物語っているのだろうか。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:安楽寺(あんらくじ) (2)住所:京都市北区大森東町109
(3)山号:金輪山 (4)宗派:真言宗東寺派
(5)開基:惟喬親王 (6)開創:9世紀後半 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)薬師如来坐像:市指定文化財 平安時代前期 像高115cm
  如来形立像:市指定文化財 平安時代前期 像高161cm
  天部形立像:市指定文化財 平安時代前期 像高102cm
  僧形坐像:市指定文化財 平安時代前期 像高59cm

画像
                       北山杉

画像
                        本堂

画像
                        周辺

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

安楽寺 (京都市北区大森) 惟喬親王ゆかりの地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる