鵜田寺 (静岡県島田市) 虎御前と島田髷

島田出身の遊女・虎御前が考案したと言い伝えられている<島田髷>を
結って、市内を踊りを混ぜながら練り歩く<島田髷まつり>が9月第3日曜日
に行われ、最後に虎御前の菩提寺・鵜田寺で髷供養感謝祭が行われている。
島田髷(しまだまげ)は日本髪で最もポピュラーな髪型で、江戸時代初期に
島田宿の遊女の間に広まり、種々の型が生まれ一般に広まった。
その起源が虎御前にあると伝承されている。

虎御前は、<曽我兄弟の仇討ち>の兄・十郎の妾で、一生兄弟の
菩提を弔ったといわれている。
その虎御前の供養塔が鵜田寺にある。
鵜田寺は758年開創されたと伝え、眼病にご利益がると信仰を集める
薬師如来を本尊とし、野田薬師と呼ばれている。

<静岡県のお寺一覧>参照

(1)寺名:鵜田寺(うだじ) (2)住所:静岡県島田市野田1195
(3)山号:天正山 (4)宗派:真言宗泉涌寺派
(5)開創:758年 (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)薬師如来坐像:県指定文化財 藤原時代 像高52cm
2)鰐口:県指定文化財 室町時代後期

画像
                        本堂

画像
                      弘法大師像

画像
                   島田髷まつりポスター