法泉寺 (三重県桑名市多度町)

多度町香取の法泉寺の開創は1541年と伝えられるが、その根源は
1232年親鸞聖人が桑名三崎(現在の桑名市北寺町)にあった草庵を、
法泉寺として弟子の信慶に与えたのが根源で、1264年には長島杉江
にも法泉寺を開創している。
三崎法泉寺、杉江法泉寺、香取法泉寺と信慶の法灯を継いだが、
16世紀末に杉江法泉寺は香取法泉寺に合併、三崎法泉寺は
本統寺となった。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:法泉寺(ほうせんじ) (2)住所:三重県桑名市多度町香取180
(3)山号:三崎山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:空珍 (6)開創:1541年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        門前

画像
                       多度大社