真禅寺 (福井県敦賀市) 河童の銅印

真禅寺には<河童の銅印>と呼ばれる銅印が伝わっている。
 今から250年ほど前に、檀家の太治朗兵衛が児屋源太郎と呼ばれた
河童を助けた礼に銅印を授けられ、これを持っていると、河童の害に
遭うこともなく、また水難に遭うこともないといわれた。
この銅印の由来については不詳で、どういった類の印かも不詳である。

真禅寺は平安時代後期に開創されたと伝えられるが、詳細は不詳である。

<福井県のお寺一覧>参照

(1)寺名:真禅寺(しんぜんじ) (2)住所:福井県敦賀市栄新町9-11
(3)山号:宝威山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        本堂

画像
                        門前