清浄寺 (静岡県牧之原市) 勝間田城主の菩提寺

清浄寺は、一遍上人が京へ向かう途中当地に立ち寄り、弟子の恵法が
1282年開創したと伝えられている。
その後、当地の勝間田城主・勝間田長清は、一遍上人の高弟・他阿真教に帰依し、
清浄寺を勝間田氏の菩提寺としている。
勝間田長清は歌人でもあり、中世最大の歌集<夫木和歌抄>を編纂している。
1475年には、勝間田城は今川氏により落城している。
清浄寺は大いに栄えた時期もあったが、勝間田氏の没落により衰退したとも
いわれている。

<静岡県のお寺一覧>参照

(1)寺名:清浄寺(せいじょうじ) (2)住所:静岡県牧之原市道場68
(3)山号:雲海山 (4)宗派:時宗
(5)開基:恵法 (6)開創:1282年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)勝間田氏の墓:市指定史跡
2)参考
  勝間田城跡:県指定史跡

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                     勝間田氏の墓

画像
                       裏山から