清泰寺 (大阪府枚方市)

枚方市長尾の府道144号に面して建つ民家風の清泰寺が、2016年8月
の文化財ニュースで一躍スポットを浴びた。
平安時代初期の菩薩坐像2駆が、枚方市で仏像としては初めての重要文化財
に指定された。
この菩薩坐像は、釈迦三尊像の脇侍として造像された普賢菩薩と文殊菩薩と
考えられている。
この仏像の由来や清泰寺の開創などは不詳である。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:清泰寺(せいたいじ) (2)住所:大阪府枚方市長尾元町1-11-10
(3)宗派:曹洞宗 (4)開創:不詳 (5)本尊:釈迦如来
(6)その他
1)菩薩坐像2駆:重要文化財 平安時代初期 像高30cm、31cm

画像
                        全景