お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 出雲極楽寺 (京都府亀岡市) 丹波七福神寿老人

<<   作成日時 : 2017/09/18 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

丹波国一の宮と呼ばれた出雲大神宮の近くに建つ出雲極楽寺は、
明治時代初期まで存在した大神宮の神宮寺と関係が深く、明治時代初期
の廃仏毀釈により、神宮寺が廃寺となると、神宮寺の本尊十一面観音が
出雲極楽寺に移座され、現在まで維持管理されている。
この十一面観音は平安時代前期の造像で、重要文化財に指定されている。

出雲極楽寺は1646年開創といわれ、現在は丹波七福神の寿老人を
祀っている。

<京都丹波のお寺一覧>参照

(1)寺名:出雲極楽寺(いずもごくらくじ)<正式名:極楽寺>
(2)住所:京都府亀岡市千歳町千歳北所24
(3)山号:吉祥山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:光誉雲哲 (6)開創:1646年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)十一面観音立像:重要文化財 平安時代前期 像高201cm

画像
                      出雲大神宮

画像
                      出雲大神宮

画像
                     出雲極楽寺外観

画像
                        山門

画像
                       寿老人

画像
                        本堂

画像
                       境内から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

出雲極楽寺 (京都府亀岡市) 丹波七福神寿老人 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる