慈雲寺 (石川県金沢市東山)

慈雲寺は、1577年現在の七尾市に、富田景政が菩提寺として開創し、
1615年現在地に移っている。
富田景政は朝倉義景の家臣であったが、朝倉氏が織田信長によって
1573年滅ぼされると、富田氏は前田利家の家臣として仕え、
1585年には七尾城の守番となっている。
景政の婿養子・重政は前田家の兵法指南役となっている。
境内には富田氏の石廟がある。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:慈雲寺(じうんじ) (2)住所:石川県金沢市東山2-10-10
(3)山号:雨宝山 (4)宗派:法華宗
(5)開基:富田景政 (6)開創:1577年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)富田家石廟群:市指定文化財 1625~45年

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                     富田家石廟群

画像