お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 普広院 (京都市上京区) 相国寺塔頭

<<   作成日時 : 2017/07/18 08:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

普広院は、1400年室町幕府第3代将軍・足利義満が相国寺7世観中中諦
の塔所・乾徳院として開創したのが始まりと伝えられている。
1441年嘉吉の乱で第6代将軍・足利義教が播磨守護・赤松満祐によって
暗殺され、乾徳院は義教の香華所となり、寺号は普広院となっている。
また、1510年頃に冷泉家から藤原定家の墓所を含めて旧邸地の寄進を
受けて、墓所の管理を行っている。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:普広院(ふこういん) 
(2)住所:京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
(3)宗派:臨済宗相国寺派大本山相国寺の塔頭
(4)開山:観中中諦 (5)開基:足利義満 (6)開創:1400年
(7)本尊:地蔵菩薩

画像
                        山門

画像
                        庫裡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

普広院 (京都市上京区) 相国寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる