石田善能寺 (岐阜県大野町)

石田善能寺の開創は不詳であるが、天台宗の勝慶寺として開創され、
江戸時代初期に石田三成の弟・光重(不詳)の子・光吉が勝慶寺の
娘婿として入り、浄土真宗・善能寺として再興したといわれている。
明治時代になり、江戸幕府に睨まれることもなくなり、石田善能寺
として石田一族の血脈を護っている。
石田三成の兄弟については不詳なところもあるが、江戸時代の
三成感からも善能寺は頑張ったのかもしれない。

<岐阜県のお寺一覧>参照

(1)寺名:石田善能寺(いしだぜんのうじ) 
(2)住所:岐阜県大野町寺内243-2
(3)山号:勝慶山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)太閤検地帳:町指定文化財

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂