前田速念寺 (名古屋市中川区) 前田氏発祥の地

前田速念寺の開創については不詳であるが、室町時代に天台宗のお寺として
開創され、1543年浄土真宗に改宗されている。
現在の速念寺が建っている地は、前田城跡といわれ、加賀藩始祖の
前田利家の本家筋にあたる前田与十郎氏の城といわれている。
利家は1536年(または37年)この前田城で生まれ、後に荒子城に
移ったといわれるが、その出生地については荒子城ともいわれている。
また、利家の父・利昌以前の来歴などは不詳である。
<前田氏の発祥の地は岐阜県安八町とも>

速念寺の本堂屋根は、利家の兜形を模しており一趣あり。

<名古屋市のお寺一覧>参照

(1)寺名:前田速念寺(まえだそくねんじ)<正式名:速念寺>
(2)住所:愛知県名古屋市中川区前田西町1-904
(3)山号:岡部山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像