天祥院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭

天祥院は、1645年姫路藩主・松平忠弘が父・松平忠明の菩提を弔うために
開創している。
忠明の戒名から天祥院としている。
松平忠明は徳川家康の娘・亀姫を母とし、奥平信昌を父とする奥平松平氏の
祖で、各地の大名を経て、亡くなる1644年当時は姫路藩主であった。
忠弘は若年であったことからも、各地の大名を転封している。

<妙心寺と塔頭一覧>参照

(1)寺名:天祥院(てんしょういん) (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町43
(3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の塔頭
(4)開基:松平忠弘 (5)開山:乳峯義元 (6)開創:1645年

画像


画像