もくもく探索日誌 2017年5月28日 丹波亀岡

京都縦貫道篠ICを早朝6時半に出る。
本日は亀岡市の中心部~東山麓~北部~西山麓~南山麓と亀岡の
周縁部を巡る。何度来ても亀岡はいいね~
亀岡といえば、明智光秀が基礎を造り、亀山城を築いている。
保津川が南北に流れ、保津川下りの起点となっている。
市としても観光に力を注いでおり、施設(神社仏閣など)の説明板が
行き届いている。
南山麓に入る前に訪れた<真福寺>では、住職との談笑が印象に
残り、水琴窟の音が仏の声のように響いた。

画像
                       亀岡市内

画像
                       保津橋

画像
                        下池

画像
                       真福寺

亀岡の中心部に入り、和泉式部の墓といわれる<称名寺>をスタートに
7ヶ寺を巡る。

画像
                       塩屋町通

画像
                       称名寺

画像
                       大円寺

保津川を渡り、東山麓の千歳町に入る。
ここには丹波七福神があり、丹波一ノ宮の<出雲大神宮>を挟んで山麓沿い
に南から北へと巡る。
お寺の境内からは亀岡が一望でき、清々しい気分となり、7ヶ寺を巡る。

画像
                       蔵宝寺

画像
                       金光寺

画像
                      耕雲寺から

画像
                      出雲大神宮

画像


亀岡最北部、南丹市に接する旭町に入る。
ここで<元明院>が廃寺となっており、金網で閉鎖され境内に入れず。
もくもく探索では、これを何とかするのが探索ではあるが今回は諦める。

画像
                       慶応寺

画像
                       長林寺

西山麓へ向かう。
湯の花温泉を過ぎて、山麓沿いに探索。
紅葉の隠れスポットといわれる<永徳寺>などを巡る。

画像
                       永徳寺

画像
                       桂林寺

南山麓へ向う。
その入り口で<真福寺>の住職と出会う。
<山王寺>では、厳しい注意看板に出会う。これも珍しいことではない。
外国人修行の国際禅堂<常徳寺>を経て、亀岡最南端へ。
<甘露寺>、<春現寺>を経て、<金輪寺>では住職と談話。
和泉式部ゆかりの<清泉寺>と巡り帰路につく。
万歩計1万3千歩。
もくもく探索満足度は、山麓のお寺と花に満足し、90点。 

画像
                       山王寺

画像
                       常徳寺

画像
                       曹流寺

画像


画像
                       金輪寺