玉泉寺 (香川県さぬき市)

四国八十八ヶ所霊場第87番長尾寺の奥の院であり、新四国曼荼羅霊場第9番
でもある玉泉寺の本尊・地蔵菩薩は<日限地蔵>と呼ばれ信仰を集めている。
日限地蔵とは、<日を限って祈願すると願いが叶えられる>といわれ、
全国各地に日限地蔵信仰がある。
この信仰の始まりは、天正年間(1573~92年)会津若松・西光寺に3体の
地蔵菩薩を日限地蔵として祀ったことから日限地蔵信仰が全国に広まった
といわれている。

玉泉寺は、814年弘法大師空海が四国巡錫の折に地蔵菩薩を彫って
祀ったのが始まりと伝えられている。
明治時代初期に廃仏毀釈によっては廃寺となったが、1930年再興されている。

<香川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:玉泉寺(ぎょくせんじ) (2)住所:香川県さぬき市造田宮西1022
(3)山号:霊雲山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:814年 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第87番長尾寺の奥の院
2)新四国曼荼羅霊場第9番

画像
                        山門

画像
                      本堂と藤棚

画像


画像
                       北向地蔵