洞光院 (愛知県尾張旭市)

新居城跡の城山公園の東に建つ洞光院は1558年に開創されたと伝えられる。
新居城は1374年地元の武将・水野良春によって築城され、現在は模造の
天守閣が築造され、旭城と呼んでいる。
水野良春が修験道から持ち込んだといわれる伝統芸能<棒の手>が
尾張地域に残っている。尾張旭市はその代表である。
その<棒の手>にゆかりの寺が洞光院で、棒塚が安置されている。

境内は整備され、庭園が先代住職によって造庭されている。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:洞光院(どうこういん) (2)住所:愛知県尾張旭市新居町山の田3219
(3)山号:輝本山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:1558年 (6)本尊:釈迦牟尼

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        庭園

画像
                        本堂

画像
                       秋葉堂

画像
                       庚申塔