もくもく探索日誌 2017年2月16日 大阪枚方~高槻市

一瞬の小春日和の中、大阪府北東部に位置する大阪のベッドタウン枚方市~
高槻市~島本町と平地のお寺を巡る。
住宅街や市街地の変化に乏しい風景を巡る。
8時半に枚方市楠葉に入り、住宅街の狭い道を進む。
奈良時代の開創といわれる<安養寺>を皮切りにスタート。
浄土真宗<敬応寺>を中核としたかっての招提寺内村はその面影は
ほとんど残さない状態であるが、一昔の姿は残っている。
枚方市の11ヶ寺を巡ったが、最後の枚方寺内町も面影はほとんどない。

画像


画像
                       安養寺

画像
                       敬応寺

画像
                       明尾寺

画像
                       釈尊寺

画像
                       台鏡寺

枚方大橋を北上し高槻市に入る。
高槻藩主・松平氏の菩提寺<理安寺>を皮切りに6ヶ寺を巡る。
最後の<一乗寺>のクスの木は<弁慶の駒つなぎ>と呼ばれる巨木。

画像
                       本行寺

画像
                       霊松寺

画像
                       一乗寺

島本町に入る。
<宝城庵>、<勝幡寺>を経て帰路に着く。
単純な風景が多く60点の満足度。
万歩計9千歩。

画像
                       勝幡寺

画像
                   サントリー山崎蒸留所