善福寺 (愛知県新城市作手) 奥三河の古刹

新城市作手の山間部にあって、山腹にそって長い参道のある善福寺は、
推古天皇の代(593~628年)に開創されたと伝えられている。
弘法大師空海の十大弟子の一人で僧正までなった真済が若い頃、
各地へ修行に出かけた824年に善福寺の伽藍を建立し再興したと
いわれ、七坊(大坊、岩本坊、池ノ坊、松本坊、中ノ坊、下ノ坊、
杉本坊)の大寺となった。
これら坊の名前が現在も地名として残っている。
その後、盛衰を経て、奥三河の領主・奥平氏によって再興されている。

本堂への参道は趣のある石段で古刹然としている。

<愛知県のお寺一覧>参照

(1)寺名:善福寺(ぜんぷくじ) (2)住所:愛知県新城市作手清岳中ノ坊29
(3)山号:金輪山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:593~628年 (6)本尊:十一面観音
(7)その他
1)仁王像2躯:市指定文化財 桃山時代
2)ボダイジュ:市指定天然記念物

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                       仁王像

画像
                        参道

画像


画像
                       生還の桜

画像


画像
                        本堂

画像
                       ボダイジュ