もくもく探索日誌 2016年12月18日 松阪市~明和町

伊勢道松阪ICを8時に出る。
快晴の清々しい伊勢路を松阪から明和町へと探索。
松阪城跡や斎宮跡、伊勢湾岸なども廻る。

画像
                     松阪城跡から

画像
                       伊勢湾岸

画像
                       斎宮跡

美濃田大仏の<真楽寺>に着いた頃は朝の冷気がまだ残る。
<永善寺>を経て、古刹で芭蕉句碑の<薬師寺>では駐車に苦労する。

画像
                     真楽寺大仏殿

画像
                      美濃田大仏

画像
                       永善寺

画像
                       薬師寺

松阪市街地へ入る。結構お寺の多い街だ。
矢下小路と呼ばれる城下町の小路様式を残す<正円寺>、
厄除け祈願で信仰の篤い岡寺観音<継松寺>、近隣の
<法久寺>、<龍華寺>、<清光寺>と散策。

画像
                   正円寺前の矢下小路

画像
                       継松寺

松阪城跡へ。城跡から市街地を望むが、意外と低丘だ。
本居宣長の菩提寺<樹敬寺>では宣長の墓を参拝。
市街地に広大な敷地を持つ名刹である。
愛宕権現を祀り、火祭の<龍泉寺>、松阪天神<菅相寺>と
市街地を廻り、郊外へ。

画像
                       松阪城跡

画像
                       樹敬寺

画像
                      本居宣長墓

画像
                       龍泉寺

画像
                       菅相寺

<安養院>を経て、明和町へ入る。
パワースポットといわれる<久安寺>では、お守りの自販機を始めて
見る。
<納願寺>を経て、<斎宮跡>へ。
斎宮は、古代から中世にかけて660年間にわたり、天皇に代って伊勢神宮に
仕えた未婚の皇女・斎王の宮殿で、その跡地は甲子園の35倍という広大な
ものだ。一部公園として整備され、ボランティアの方が案内しておられた。

画像
                       安養院

画像
                    久安寺お守り自販機

画像
                       納願寺

画像
                       斎宮跡

近くの<安養寺>と<転輪寺>を巡り帰路につく。
万歩計9千歩。
探索満足度は80%。

画像
                       安養寺

画像
                       転輪寺