妙福寺 (兵庫県篠山市)

妙福寺墓所には、1614~15年の大坂の陣で豊臣方の将として活躍した
後藤又兵衛の子孫の墓塔がある。その子孫は篠山藩に仕えていた。
又兵衛には10人以上の子供がいたといわれ、その子孫のいずれかが
篠山藩に入ったのであろう。
ちなみに、後藤又兵衛の墓は鳥取市景福寺に六男・後藤馬之助によって
建てられたといわれている。

妙福寺は、13世紀末に現在の大阪府島本町に開創され、その後廃れて
いたが、天文年間(1532~55年)に再興されている。
1562年篠山の八上城下に移り、1611年現在地に移っている。
お寺の隣にあるエノキの大木が印象的である。

<兵庫県丹波、但馬のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙福寺(みょうふくじ) (2)住所:兵庫県篠山市西町41
(3)山号:宝乗山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開創:1293~1302年 (6)中興:日助 1532~55年
(7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)日蓮聖人坐像:市指定文化財 室町時代

画像
                     エノキの大木

画像
                        参道

画像
                        本堂