青蓮寺 (奈良県宇陀市菟田野) 中将姫ゆかりの寺

国道166号を菟田野宇賀志地区に入ると、<青蓮寺>の標識が
ある。そこを入り、途中から杉林の林道を1kmほど山中へ。
林道の終点に手水舎が見えてくる。
そこから徒歩で山の参道を登ること数分。質素な山門が見えほっとする。
樹林に囲まれた山寺である。所々に桜が咲いて一つの風景を造っている。

青蓮寺は765年中将姫によって開創されたと伝える。
中将姫は伝説上の姫で、いくつかの中将姫伝説があるが、青蓮寺に
伝わる中将姫とは、
 <747年右大臣藤原豊成の娘として生まれたが、751年実母が亡くなり、
753年継母ができ、それからは継母に虐められ続け、760年14歳の時に
雲雀山に流され殺されそうになったが、家臣の松井嘉藤太夫妻が姫を
隠れ草庵で2年半匿った。
762年父・豊成が狩りで雲雀山に入って、姫と会い奈良の都へ連れ戻した。
姫は仏に仕えるべく、17歳で出家し當麻寺に入り、765年雲雀山山腹に
青蓮寺を開創し、775年當麻寺で亡くなったと。>
様々な戯曲の題材となり、各地に中将姫伝説が伝わっている。
青蓮寺の地は伝説にピッタリの風景を持っている。

<奈良県のお寺一覧>参照

(1)寺名:青蓮寺(せいれんじ) (2)住所:奈良県宇陀市菟田野宇賀志1439
(3)山号:日張山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:中将姫 (6)開創:765年 (7)本尊:中将姫

画像
                        林道

画像
                       林道脇

画像
                       手水舎

画像
                        参道

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                   阿弥陀堂(左)本堂(右)

画像
                   松井嘉藤太夫妻の墓

画像