もくもく探索日誌 2016年10月30日 西三河

伊勢湾岸道豊明ICを朝8時前に出て、国道1号を南へ。
本日は平地のお寺巡りだけに、変化に富んだ風景は期待できないかも。
初めての探索となる刈谷市に入り、シイの古木<乗蓮寺>を経て、
弘法大師信仰の三河三弘法と呼ばれる<密蔵院>、<西福寺>、
<遍照院>と廻る。大師信仰は全国に及び、根強い人気がある。

画像
                    乗蓮寺シイの古木

画像
                    西福寺弘法大師像

画像
                       編照院

画像


イブキとソテツの<万福寺>、陣屋の門を移築した<願行寺>、
刈谷藩主の菩提寺<十念寺>、クスノキの古木<専光寺>、
刈谷市最古の<海会寺>、家康の生母・於大の方ゆかりの
<楞厳寺>と小さなお寺を巡るが、楞厳寺だけは別格の大寺で
家康の威光が残っているようだ。

画像
                     万福寺イブキ

画像
                     万福寺ソテツ

画像
                       願行寺

画像
                      十念寺一景

画像
                     専光寺クスノキ

画像
                       楞厳寺

画像
                       楞厳寺

南へ。初めての探索となる高浜市に入る。
浄土真宗浜の3ヶ寺と呼ばれる<恩任寺>、陶製の8mはある衣浦観音の
<観音寺>、浜の3ヶ寺<専修坊>と瓦の町・高浜を巡る。
衣浦湾を挟んで知多半島を望む。

画像
                       恩任寺

画像
                       観音寺

画像
                       衣浦湾

画像
                       専修坊

三河一向一揆の拠点となった安城市に入る。2度目の訪問。
大イチョウの<西蓮寺>、三河一向一揆の拠点の一つ<蓮泉寺>、
安祥城跡に建つ<大乗寺>、<永安寺>の雲龍の松は見事。
境内が狭く、松が窮屈そうだ。
知立市に入り、在原業平ゆかりの<在原寺>を経て、帰路に着く。
知立の松並木を通る。
万歩計8千歩。
本日の探索は平地のお寺でもあり、70点かな。

画像
                       大乗寺

画像
                      大乗寺上空

画像
                       永安寺

画像
                       永安寺

画像
                       在原寺

画像
                     知立の松並木