もくもく探索日誌 2016年10月27日 三重県津市

伊賀経由で初瀬街道(国道165号)を津市に午前8時に入る。
初瀬街道沿いのお寺を巡り、津市南部に入る。

画像
                  津市街地フェニックス通

画像
                    津ヨットハーバー

初瀬街道沿いの伊賀市伊勢路の<善福寺>を経由し、津市白山町の
<常福寺>へ。
国道から徒歩で谷間へ。谷筋の突き当たりにヒッソリと。
白山町の名刹<成願寺>は天台真盛宗の主要なお寺で、三重県に
天台真盛宗寺院が多いのも成願寺の活動が寄与している。
伊勢道久居IC附近の<蓮蔵寺>を経て、久居に入る。

画像
                       常福寺

画像
                       成願寺

画像
                       成願寺

画像
                       蓮蔵寺

<桃園の三地蔵尊>と呼ばれる石造地蔵尊(1314年造立)が同じ地区に
存在する。
それが<栄松寺>、<宝樹寺>、<光明寺>の小さなお寺である。
700年前の地蔵尊と面会。本日のメインである。
キリシタン灯篭の<引接寺>と巡る。
伊勢街道の常夜燈を経て、ソテツの<円福寺>を経て、津市街地へ。

画像
                     栄松寺地蔵尊

画像
                     宝樹寺地蔵尊

画像
                     光明寺地蔵尊

画像
                     伊勢街道常夜燈

画像
                       円福寺

閻魔堂の<真教寺>から海岸に出て、阿漕浦へ。
芭蕉の詠んだ句<月の夜の何を阿漕に啼く千鳥>
フェニックス通の<上宮寺>、津市の名刹<西来寺>と巡る。

画像
                       真教寺

画像
                       阿漕浦

画像
                       上宮寺

画像
                       西来寺

北へ。五葉松の<地蔵院>、まちのお寺の学校と呼ばれる<潮音寺>
を経て、伊勢街道沿いの<深正寺>から専修寺の寺内町へ入る。
津市の中核寺院で、真宗高田派の本山・専修寺。
津市を巡る際には必ず訪問することにしている。

画像
                       地蔵院

画像
                       専修寺

市街地から出て、三体の重文仏像がある<勝久寺>へ。
住職が懇切丁寧な説明の上、仏像を拝観させていただく。
小さなお寺に3体もの重文仏像があるのは。
伊賀街道を北へ。<光善寺>を経て伊賀街道を帰路につく。
万歩計9千歩。
本日の探索は70点。

画像
                       光善寺