妙泰寺 (石川県金沢市東山) 貞姫の菩提寺

貞姫(理松院)は戦国大名・宇喜多秀家と加賀初代藩主・前田利家の娘・豪姫との
間に生まれた姫で、その貞姫の菩提寺が妙泰寺である。
宇喜多秀家は1600年の関ヶ原の戦いで西軍に与し敗れ、1606年
に八丈島に流罪となっている。
1607年頃、妻の豪姫と貞姫は加賀へ戻っている。
貞姫は加賀で結婚しているが、1615年亡くなり、妙泰寺に葬られている。

妙泰寺は1610年開創され、貞姫のこともあり加賀藩主からの庇護を
受けている。
山門は高麗門で、金沢市内でも珍しい寺院山門である。

<石川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙泰寺(みょうたいじ) (2)住所:石川県金沢市東山2-17-15
(3)山号:大谷山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開山:日仁 (6)開創:1610年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)山門:市指定文化財 19世紀初頭

画像
                        外観

画像
                        山門

画像
                        山門

画像
                        本堂