お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西教寺 (香川県さぬき市) 奥の院磨崖仏

<<   作成日時 : 2016/10/15 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さぬき市津田海岸を見下ろす火山(260m)裏中腹に西教寺奥の院
がある。
大川町富田東から急坂を登ること30分、小さな奥の院堂が建ち、
その背後の岩に弘法大師空海が一夜で彫ったと伝承される磨崖仏が
少し剥げ落ちた姿で建っている。
その場から見下ろす富田東の風景が、磨崖仏が見続けた風景と
重なり感慨ひとしおのものがある。

山麓に建つ西教寺は奈良時代、行基によって開創され、829年弘法大師空海に
よって堂宇が建立されたと伝わる古刹で、高台から集落を見守っている。
なお、火山山頂まで登ると瀬戸内海が一望できるが、今回の探索では
山頂への登山をできず。

<香川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:西教寺(さいきょうじ) (2)住所:香川県さぬき市大川町富田東1809
(3)山号:花生山 (4)宗派:真言宗善通寺派
(5)開基:行基 (6)開創:奈良時代前半 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)新四国曼荼羅霊場第8番
2)奥の院磨崖仏:市指定文化財
3)六面石幢2基:県指定文化財 1358年
4)石造笠塔婆:市指定文化財 1336年
5)丁石:市指定史跡 1778年

画像
                      西教寺遠景

画像
                     境内からの眺望

画像
                        全景

画像


画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

画像
                       奥の院

画像
                       磨崖仏

画像
                    奥の院からの眺望

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西教寺 (香川県さぬき市) 奥の院磨崖仏 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる