もくもく探索日誌 2016年10月10日 岡山県西部

山陽道鴨方ICを朝7時に出る。快晴の気配に心躍る。
岡山県西部の探索も久しぶりだけに一層期待も高まる。
浅口市~矢掛町~笠岡市と巡る。予定では井原市も入っていたが、
夕方までに帰宅の用件があり残念至極。

画像
                     山陽道福石PA

画像
                     矢掛町洞松寺

画像
                     笠岡市神護寺

浅口市に入る。
鴨方の山城であった鴨山城主・細川氏の菩提寺<長川寺>がスタート。
早朝の冷気が清々しい。
南へ。
<円珠院>に入ると、若き女性数人と住職が写真撮影中。宿坊があるのかな。
お目当ての石造宝塔を探すべく山中へ。もくもく探索の醍醐味である。
蜘蛛の巣を避けながらの探索。やっと見つかる。

画像
                       長川寺

画像
                       円珠院

画像
                     円珠院石造宝塔

更に南へ。
豊富な文化財を誇る<龍城院>では、ビャクシンの参道と道を跨ぐ石橋が
風景を造っている。
北へ。
池泉回遊式庭園ともみじで知られる<寂光院>では、境内のあちこちに
防犯用の簡易センサーブザーが据えられ、境内に入るや驚く音が。
この経験は富山県のお寺で経験済み。構わず探索。
更に北へ。
瀬戸内観音霊場の<泉勝院>を経て、北へ。

画像
                      龍城院参道

画像
                      龍城院石橋

画像
                       寂光院

画像
                     最奥に泉勝院

矢掛町に入る。
矢掛町の名刹で、外国人修行僧の多い<洞松寺>に入山。
若い修行僧と言葉を交わすと、外国人修行僧には長期(数年)と
3ヶ月の短期修行があり、男女区別なく受け入れているとか。
境内でも多くの外国人修行僧を見かける。
サザンカと臥龍梅の<観照寺>では、花は季節外。

画像
                     最奥に洞松寺

画像
                      洞松寺参道

画像
                        山門
                   <外国人修行僧2人>

画像
                        本堂

更に北へ。
吉備真備ゆかりの<圀勝寺>では、椿の古木を拝観。
花も季節外。
西へ。
一風変わった鐘楼の<多聞寺>は信仰のお寺。
近くの<専教寺>では、臥龍松を。
更に北へ。
庭園で知られる<大通寺>に入ると、住職が詳しい説明と話し込む。
お寺の隅々を案内していただき感謝。

画像
                      宿場町矢掛

画像
                       多聞寺

画像
                     専教寺臥龍松

画像
                       大通寺

画像
                      大通寺庭園

南西へ。
<ふくふく地蔵>信仰が篤い<禅源寺>を経て、南へ。
笠岡市に入る。
笠岡の古刹<神護寺>で、古い本堂を拝観。
西へ。道に迷い迷い辿り着いたのが山中の<持宝院>。
古墳が点在する<長福寺>の裏山。整備され古墳公園となっている。
笠岡ICから帰路に着くが、途中で大渋滞に遭う。
夕方帰宅のはずが、2時間オーバー。
万歩計1万2千歩。
お寺探索は90点だが、帰りの渋滞には辟易。疲れた。

画像
                     ふくふく地蔵尊

画像
                      神護寺本堂

画像
                      持宝院参道

画像
                       持宝院

画像
                     長福寺裏山古墳