青蓮寺 (大阪市天王寺区) 大阪十三仏霊場第12番

青蓮寺の起源は、聖徳太子が志宜野(大阪市東区鴫野)に建立したと
伝わる法案寺にあるといわれている。
その後、法案寺は生玉明神と習合し神宮寺として隆盛したが、
明治時代の神仏分離により、生玉十坊と呼ばれた法案寺塔頭は
バラバラとなり、その内の2院が合併し、かって存在した青蓮寺の寺号を
引き継いで、現在地に再興されている。
法案寺は現在、大阪市中央区に移転している。

江戸時代中期の浄瑠璃作家・竹田出雲の菩提寺である。

<大阪市のお寺一覧>参照

(1)寺名:青蓮寺(せいれんじ) (2)住所:大阪市天王寺区生玉寺町3-19
(3)山号:吉祥山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:693~622年 (7)本尊:大日如来
(8)その他
1)大阪十三仏霊場第12番
2)竹田出雲墓:市指定史跡

画像
                        門前

画像
                        山門

画像
                       マニ車

画像
                        本堂

画像
                      竹田出雲墓