お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海寺 (香川県東かがわ市馬宿) 源義経ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2016/09/27 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

源平合戦において、1185年3月に行われた<屋島の戦い>に向けて、
源義経軍は5艘150騎で摂津渡辺津(大阪市)を暴風雨の中強行出航し、
短時間で阿波勝浦(徳島市南部〜小松島市)に到着している。
そこから北上し、平家の味方をしていた豪族桜庭良遠を倒し、大坂峠
(東かながわ市と鳴門市との境)を越えて、馬宿に入り、大寺であった
東海寺で休息(一泊したとも)し、屋島に向ったと伝えられている。
東海寺にはその伝承に因む義経ゆかりの<鞍掛けの松>などが
伝えられている。

馬宿海岸近くに建つ東海寺は721年に開創され、弘法大師空海も
錫を留めたと伝えられている。
馬宿海岸沖合に浮かぶ小島の風景が義経軍の怒涛の進軍と落差を
持っているのを感じた。

<香川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:東海寺(とうかいじ) (2)住所:香川県東かがわ市馬宿248
(3)山号:亀海山 (4)宗派:真言宗善通寺派
(5)開基:行基 (6)開創:721年 (7)本尊:七仏薬師如来
(8)その他
1)四国八十八ケ所霊場番外

画像
                        馬宿

画像
                     毛無島と通念島

画像
                      東海寺全景

画像
                        本堂

画像
                       鞍掛け松

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東海寺 (香川県東かがわ市馬宿) 源義経ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる