欣浄寺 (三重県伊勢市) 法然上人二十五霊場第12番

法然上人二十五霊場は、宝暦年間(1751~63年)に二人の僧が法然上人
ゆかりのお寺を巡礼したことから始まったといわれている。
この霊場には、法然上人の直接ゆかりのお寺と、間接ゆかりのお寺がある。
欣浄寺は後者のお寺であり、法然上人ゆかりのものが欣浄寺に所蔵されて
いる。
その一つは、法然上人が伊勢参詣の折に感得した<日の丸名号>であり、
一つは、法然上人作と伝えられる<円光大師満月像>である。

欣浄寺は1540年に開創されたといわれ、開創後上記の寺宝がお寺に
伝承されている。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:欣浄寺(ごんじょうじ) (2)住所:三重県伊勢市一之木2-6-7
(3)山号:厭離山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:易誉 (6)開創:1540年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        本堂