もくもく探索日誌 2016年6月26日 琵琶湖湖南

名神栗東ICを7時半に出る。
梅雨空ひと休みの3週間ぶりのもくもく探索となる。
栗東市~野洲市~甲賀市~伊賀市北部~信楽のルートは初めてである。
これで、湖南地域の探索は一部を残してほぼ終えたかな。
湖南の探索は20回を越えるかな。

画像
                     遥かに近江富士

画像
                       近江富士

画像
                       野洲川

栗東市に入り、地区ごとに清掃に汗を流す住民の姿に頭が下がる。
大宝神社の周辺に位置する<西琳寺>、神社の神宮寺であった<仏眼寺>
と巡り、神社境内の<芭蕉句碑>を訪れる。

画像
                       大宝神社

画像
                       西琳寺

画像
                       仏眼寺

野洲市に入る。
<安楽寺>を経て、本日のメインとなる<福林寺跡磨崖仏>を目指す。
野洲中学校背後の田中山(293m)山麓へ。
中学校横の<真福寺(福林寺跡)>境内に駐車し、標識を頼りに歩く。
けもの除けの金網を開いて、山へ分け入る。
100mほどで、磨崖仏に出会う。4ヶ所に見られる。
猪の出没に気を使いながら。これぞもくもく探索の醍醐味。

画像
                       田中山

画像
                       山中へ

画像
                      福林寺跡

画像
                       磨崖仏

画像
                       磨崖仏

画像
                       磨崖仏

<宝樹寺>を経て、人里離れた森の中へ。静寂が覆う<岩蔵寺>を
経て、名神高速道そばの樹々に覆われた無住の<聖応寺>を経て、
野洲川沿いに南へ甲賀市へ。

画像
                       岩蔵寺へ

画像
                       岩蔵寺

収蔵庫を兼ねた本堂がポツンと建つ<福照寺>を経て、小高い所に
建つ<浄福寺>では、境内の草刈りに汗を流して休息中の人達と
話し込む。
隠岐城跡に建つ<大岡寺>では、将来の住職となるであろう男の子
と談笑。

画像
                       福照寺

画像
                      浄福寺から

画像
                       大岡寺

新名神の下を抜けて、三重県との境へ。
上馬杉集落の<誓蓮寺>、高嶺集落の<福明寺>、五反田集落の
<光明寺>と低い山あいを巡る。

画像
                       誓蓮寺へ

画像
                     誓蓮寺化粧地蔵

画像
                       福明寺

画像
                      五反田集落

甲賀市を出て、三重県伊賀市北部に入る。
服部半蔵、百地三太夫とともに伊賀忍者三家の一人・藤林氏の
菩提寺<正覚寺>を経て、伊賀北部の大寺<玉瀧寺>を巡る。
信楽へ。陶芸用の粘土を購入。帰路に着く。
万歩計8千歩。
山あいを快適に走行。

画像
                       正覚寺前

画像
                       玉瀧寺